« ラバー  (4/20) | トップページ | クロストロフォビア  (6/2) »

2012年6月28日 (木)

恋するカフェ  (6/27)

「恋するカフェ」というアメリカ映画を見ました。2011年の映画で、ジェニファー・ラブ・ヒューイットとかが出ていました。

ジャケットを見る限りは、ジェニファー・ラブ・ヒューイットが前面に出ていて、「恋する・・」だから、ロマンスコメディー?と思って見始めたら、何やらカフェに行き来する人たちの群像劇風。そう思っていたら、突如として抽象的な要素が入り込んできて、ラストは人知を超えた?力技で収束します。

こう書くと、まるで妙な映画みたいですけど、わりと面白かったです。ロマンスコメディの様相は段々と薄くなり、ドラマとしては異質な方向に進んでしまうけど、とっても意欲が感じられて、好感です。

ただ、不可思議な雰囲気とヒューマンドラマの折り合いが、もうちょっとだったかな。サラッとしていて見やすいんですけどね、もっとアツイものがあってもイイような気もします。

きっと、今時の感覚なんだろけど、変わったアプローチに好感が残った映画でした。でも、なんで「恋するカフェ」なんだろう??

|

« ラバー  (4/20) | トップページ | クロストロフォビア  (6/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/55072971

この記事へのトラックバック一覧です: 恋するカフェ  (6/27):

« ラバー  (4/20) | トップページ | クロストロフォビア  (6/2) »