« 「ex エックス」 (7/4) | トップページ | テイク・シェルター   (8/2) »

2012年7月31日 (火)

セクレタリアト   (6/20)

「セクレタリアト」という映画を見ました。ダイアン・レインが主演です。70年代にアメリカの競馬界で大活躍をした馬とその周りの人達の伝説的ストーリーですね。

私、特に競馬好きでもなく、馬とかの動物好きでもありません。けど、すっかり見入ってしまった映画ですね。

最初は、ちょっと地味目かな・・・なんて思いながらもDVDをセットしたのですが、溌剌としたダイアン・レインに引かれて見入ってしまいました。彼女はすごいですね、30年以上も第一線なんですから、堂々としたものです。
この映画では、彼女の魅力と馬の活躍が(どんどんと)シンクロしていくです。その様子が楽しかったです。

ストーリーは、セクレタリアトという馬が三冠馬になるまでを順に追っていくもので、それに、馬主ペニーのドラマが絡んでくる構図です。実際にあった記録や逸話がもとになっているので、ある意味、伝記物的でもあります。いわゆるサクセス・ストーリーらしい作りだと思います。なので、ストーリーにトリッキーな趣向を感じることはありませんでした。でも、ダイアン・レインと馬が織り成すドラマは(なかなか)躍動的なんですね。(素直に感動的です!)

キャラクター、地味目だよな・・・とか、(生意気に)思いながらも、最後のレースシーンでは(分かっているけど)大拍手!!。思わず目が潤んでしまいます。

映像的な刺激を求める類ではないかもしれないけど、すごく情熱を感じれる映画だと思います。きっと、この馬が(この伝説が)大好きな人(あるいは人たち)が作ったんじゃないかな・・・そんな風に思える映画でしたね。

|

« 「ex エックス」 (7/4) | トップページ | テイク・シェルター   (8/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/55322235

この記事へのトラックバック一覧です: セクレタリアト   (6/20):

« 「ex エックス」 (7/4) | トップページ | テイク・シェルター   (8/2) »