« クロストロフォビア  (6/2) | トップページ | 戦争より愛のカンケイ  (6/8) »

2012年7月 1日 (日)

恋人たちのパレード  (6/6)

「恋人たちのパレード」という映画を見ました。ロバート・パティンソンとリーザ・ウィザースプーンが出ています。

キレイで見やすい映画だったけど、私的には(あまり・・・)魅力なかったかな。悪いわけじゃないけど。

感心したのは、リーザ・ウィザースプーンが、ヒロインを堂々と演じていたこと。さすが!です。
この人のキャリア、何年経っても主演してしまうんだから、アカデミー女優の看板は伊達じゃないですよね。

さて、映画のほうですけど、一番感動したのはロージーという(サーカスの)象の演出。俳優が痴話喧嘩を大熱演していても、そのバックで象の表情が写っていると・・・この象は、撮影を見ながら、何を思っているんだろう?って考えてしまいます。まったく、子役と動物には勝てないって、よく言ったものです。

タイトルが「WATER FOR ELEPHANTS」ですから、象の演出を見るには一興の映画?かも。

|

« クロストロフォビア  (6/2) | トップページ | 戦争より愛のカンケイ  (6/8) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/55098703

この記事へのトラックバック一覧です: 恋人たちのパレード  (6/6):

« クロストロフォビア  (6/2) | トップページ | 戦争より愛のカンケイ  (6/8) »