« 恋人たちのパレード  (6/6) | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウゲーム   (7/4) »

2012年7月 2日 (月)

戦争より愛のカンケイ  (6/8)

「戦争より愛のカンケイ」というフランス映画を見ました。

面白い映画を作るものですね!思わず感心です。

日本人の(それも男性の!)私が見た限りの感想で言えば、アメリカやアジアや、ひょっとしたらイギリスにも、この感性はないんじゃないでしょうか。
右派左派の政治志向、ルーツを巡る人種の隔たり、そして現代に及ぶ格差の問題等々・・・そんな社会的な材料を一組のカップルを通してコメディにしてしまっているんですもの。
さらには、このカップルが自由奔放な女性と保守的な男性という、ある意味で偏ったキャラなんですね・・・コメディなんだけど、象徴されるものには深みを感じてしまします。

底抜けな(奔放な)考え方の彼女の行動には、思わず笑えるし、とても愛らしいんです。そして、保守的な彼の行動と愛情表現は、微笑ましいし、時に哀愁を感じてしまいます。・・・まさに、作り手の思うつぼ!なキャラクターなんですよね!

笑いだけじゃなくて、「あのシーンでは何を言おうとしてたのだろう・・」なんて余韻も残って、思い返す毎に膨らみが増す映画でしたね。

ただし、男性寄りな(男が考えるような)都合のイイ世界観かもしれないなって、ちょっとだけ思えます。フランス社会に精通してるわけじゃないから不明確だけど、女性だったら、このようなキャラクターは創造しないかも??って。(露出が多いって意味だけじゃなくて!)

Photo              Photo_2

(奔放な彼女)       と         (保守的な彼)

こういう映画があるから、ヨーロッパ映画って見過ごせませんよね!!
(基本、アメリカ映画を応援してますけど・・・)

|

« 恋人たちのパレード  (6/6) | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウゲーム   (7/4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/55105189

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争より愛のカンケイ  (6/8):

« 恋人たちのパレード  (6/6) | トップページ | シャーロック・ホームズ シャドウゲーム   (7/4) »