« ザ・クラッカー   (6/6) | トップページ | 地球にやさしい生活    »

2012年7月21日 (土)

フォーリングスカイズ   (7/18)

「フォーリングスカイズ」のシーズン1を見終えました。スピルバーグが指揮したTVドラマとして話題ですよね。

簡単に言ってしまえば、エイリアンに征服された地球で、残った人々が抵抗軍として戦い続ける・・・そんなお話です。
「ギャラクティカ」の現代地上版というか、「ジェリコ」のSF版というか、「ターミネータ」のエイリアン版というか、「世界侵略ロサンゼルス決戦」のドラマ版というか・・・連想されるのは、そんなイメージでしょうか。(好きものの私が連想してしまうだけ?)

TVシリーズですから、映像的な制約は(さすがに)感じてしまうけど、ドラマ的には(なかなか)丁寧な感じがして好感が持てます。特に親子関係の表現が強調されてるあたりは、スピルバーグの関与が文字通りなのかも?と思わされます。
あと、ストーリーのSF的な掘り下げ方なんかにも丁寧さを感じますしね。
随所に出てくる、アメリカの歴史を元にしたセリフの数々も、(もしかしたら)スピルバーグの好み??(私の知るところではありませんけど・・)

エイリアンとの戦争!というと、インパクト大のスリリングな展開を想像するかもしれないけど、これは弱者に回った人間が共に助け合い、抵抗軍を組織し、生き残りをかけて戦い続ける・・・という、(わりと)じっくり構えて見るタイプのドラマですね。
のめり込む、という感じではなくて、ついつい見続けてしまいます。

シーズン1の最後が唐突だったので(やっぱり、スピルバーグ!?)、次のシーズンも楽しみなドラマです。

|

« ザ・クラッカー   (6/6) | トップページ | 地球にやさしい生活    »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/55246059

この記事へのトラックバック一覧です: フォーリングスカイズ   (7/18):

« ザ・クラッカー   (6/6) | トップページ | 地球にやさしい生活    »