« イン・ザ・ダークネス | トップページ | クライムダウン   (7/27) »

2012年7月25日 (水)

透明人間

「透明人間」という映画を見ました。これは1992年のジョン・カーペンター監督作で、今年の5月にDVDレンタルリリースがあった映画です。

ジョン・カーペンターといえば、今でこそカルト的存在の巨匠みたいに言われてますが、この映画は古典SFを題材にしたコメディですね。それに、出演者はチェビー・チェイス、ダリル・ハンナ、サム・ニールですよ!(繰り返しますが、)ダリル・ハンナですよ!(世代がバレますけど。)

コメディとはいえ(20年前の映画とはいえ)、のどかな感じがアチラコチラに。イイ意味で、作り物の楽しさを感じます。

今更ながらに見ると、文字通りの、透明な人間の存在感を出すための演出が楽しいですね。人混みで、バタバタと順番に倒れたり、驚いたり・・・サム・ニールが銃を頭に当てて一人芝居をするところなんかは(イイ意味で)涙モノでした!

こんな風に「嘘っぽさ」を許せてしまうのは、20年前の映画だからか、それとも(今でも)見る側を楽しませる「作り」が存在しているのか・・・。(まあ、両方だろうと思いたいところです。)

余談ですが・・・ この映画は、確かに(昔々に)見た記憶があります。でも、DVDリリースを機に見直すと、大部分を忘れてることに気づきます。再度見る楽しみ、とも言えますけど、今まで何千本と見た映画のどれだけを覚えていられるのかと思ったら、(かなり)気が重くなります。とは言え、思い出す為に再度見直すことを考えると、(それもまた)気が遠くなりそう。

全てを記憶してしまう?シャーロック・ホームズみたいに明晰な頭脳を持ちたいものです??

|

« イン・ザ・ダークネス | トップページ | クライムダウン   (7/27) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/55277656

この記事へのトラックバック一覧です: 透明人間:

« イン・ザ・ダークネス | トップページ | クライムダウン   (7/27) »