« ラスベガス シーズン2(DVD1-12)   (8/3) | トップページ | マシンガン・プリーチャー   (8/3) »

2012年8月13日 (月)

ウォリアーズ・ウェイ   (8/2)

「ウォリアーズ・ウェイ」と言う映画を見ました。チャン・ドンゴン、ケイト・ボスワース等が出ています。

私は、ほとんど韓国映画を知りませんので、主演のチャン・ドンゴンという方も知りませんでした。この映画は、彼の初ハリウッド作らしいです。

映画は、最強の暗殺者が同族に追われてアメリカ大陸に渡る・・・そんなところから始まる、ちょっと変わった西部劇です。

そのほとんどがCGで出来ているアクションムービーですが、劇画チックを強調した色使いやアングル使いは、なかなか突出しています。代わりにリアリィティは下がるわけですが、内容が殺伐としたものだけに、この効果には面白さも感じます。
切ったり刺したりがなければ、けっこう「オモチャ」的な世界観なんですね。ただ、このバランスは難しいかも。

ストーリーは、一貫したものは感じるけど、絶対的に殺伐としていて(絵柄とは対照的で)、あまり楽しいものではありませんね。最初から最後まで切ったり刺したり・・・見方によっては大虐殺ムービーです。まったくの劇画ムービーです。

かなり異色な世界観ですが、アクション映画の一つの形として、興味を感じた一本でした。

|

« ラスベガス シーズン2(DVD1-12)   (8/3) | トップページ | マシンガン・プリーチャー   (8/3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/55414073

この記事へのトラックバック一覧です: ウォリアーズ・ウェイ   (8/2):

« ラスベガス シーズン2(DVD1-12)   (8/3) | トップページ | マシンガン・プリーチャー   (8/3) »