« マシンガン・プリーチャー   (8/3) | トップページ | タイタンの逆襲   (8/16) »

2012年8月14日 (火)

アナザーワールド   (8/3)

「アナザーワールド」という映画を見ました。2011年のスペイン映画だそうです。

不思議な映画でしたね。簡単にいうと、自殺をした(しようとしている?)少女が、生死の間に迷い込んで、生へ戻る為の戦いに挑む・・・みたいなストーリーです。

すごくナイーブな内容です。内面的な世界を一時間半に渡って描いています。間接的に、直接的に、自殺に対する言葉を映像化している・・・そんな感じなので、かなり抽象的です。どちらかというと、ちょっと若い感性を感じます。

映像も特徴的でして、近代的で無機質な街並みと、その裏側を感じさせる退廃的でダークな(異次元的)空間と、柔らかなアニメーションを組み合わせています。さすがに違和感を感じることもありますが、独特でした。
そんなところも、ナイーブさを感じた所以ですね。

この感覚は、どちらかというと日本映画に近いのではないでしょうか。特にアニメーション等に多いナイーブさを感じました。スペインの若者と日本の若者の感性って近いのかな???

|

« マシンガン・プリーチャー   (8/3) | トップページ | タイタンの逆襲   (8/16) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/55424037

この記事へのトラックバック一覧です: アナザーワールド   (8/3):

« マシンガン・プリーチャー   (8/3) | トップページ | タイタンの逆襲   (8/16) »