« 人生はビギナーズ   (8/3) | トップページ | マリリン7日間の恋   (8/3) »

2012年8月 4日 (土)

ウェンディ&ルーシー   (8/3)

「ウェンディ&ルーシー」という映画を見ました。ミシェル・ウィリアムズが主演しています。この映画自体は2008年のものらしいですね。

ミシェル・ウィリアムズといえば、インディペンデントというイメージは(確かに)あるけど、これはまさにインディペンデントな映画でした。全編、とっても素朴です。

一人の女性ウェンディが壊れかけの車に乗って、愛犬ルーシーとともにアラスカを目指す・・・そんなストーリーなのですが、その目指す理由が「生活」の為。つまり、ミシェル・ウィリアムズはホームレスの役なんですね。アラスカであれば、ホームレスでも仕事が得られる、生活にお金が(あまり)かからない、そんな象徴の地なんです。

2008年といえば、アメリカが(世界が)傾いた年ですものね。車に全財産を載せて(仕事を求めて)移動する・・・他人事に思えません。

そんな旅の途中、車の故障でオレゴンの地に足止めされたウェンディに、現実の厳しさが追い打ちをかけます。それでも立ち上がって目的地へと旅立っていくわけです。
目的地アラスカが、希望の地とか約束の地みたいにイメージされるけど、けっしてそうじゃないのが現実なのでしょうね。でも、彼女にとっては再スタートの地であるからこそ、孤独であっても目指すという強い意志を感じるストーリーです。もう、自分にはそれしかない、そんな孤高さを感じます。

まさに、「ライフ・イズ・コンティニュー」といった感じですね。孤独で、怖くて、情けなくて、・・・それでいて自由、そんな感覚の映画でした。

|

« 人生はビギナーズ   (8/3) | トップページ | マリリン7日間の恋   (8/3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/55349781

この記事へのトラックバック一覧です: ウェンディ&ルーシー   (8/3):

« 人生はビギナーズ   (8/3) | トップページ | マリリン7日間の恋   (8/3) »