« プレイバック     (8/24) | トップページ | 南の島のリゾート式恋愛セラピー   (7/4) »

2012年8月28日 (火)

デビル・ストレンジャー   (8/8)

「デビル・ストレンジャー」という映画を見ました。サミュエル・L・ジャクソンやルーク・ウィルソンが主演しています。

意外といっては失礼ですが、あまり評判を聞かなかった映画だったけど、すごく面白かったです。というか、見終わった後の余韻が(けっこう・・)続いてます。

内容的には、不倫をした為に会社を首になり家族を抱えて路頭に迷う男が、不可解な男につけ狙われ、事件に巻き込まれていく・・・そんなサスペンス。

一見、不条理を盾にした不可解なホラーものか! 途中までは、そんな感触を受けます。それはそれで面白いのですが、終わってみれば、キャラクターの関係が(しっかりと)つながっていて、それでいて各々の個性が強烈に残るんですね。しっかりとドラマが収束して、尚且つ、怖さの広がりを感じます。お見事!!

意味不明なセリフや不可解な行動を取る犯人役のサミュエル・L・ジャクソン、この映画では、嬉々とした怪演を感じます。(もともと、個性的ではありますが)
ルーク・ウィルソンの人のイイ感じも、さすが!ですよね。
それから、レスリー・ビブという女優さん、(出番少ないながら)重要で強烈なキャラクターを感じさせます。

更には、ドライで熱さを感じさせる色合いの映像も(なかなか)怪しさを醸しだしています。この感覚、まさにサミュエルの怪人像が映える雰囲気なんですよね。

原題は「MEETING EVIL」だそうですけど、まさにイメージぴったりで、(個人的には)佳作な一本だったと思います。

|

« プレイバック     (8/24) | トップページ | 南の島のリゾート式恋愛セラピー   (7/4) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/55527979

この記事へのトラックバック一覧です: デビル・ストレンジャー   (8/8):

« プレイバック     (8/24) | トップページ | 南の島のリゾート式恋愛セラピー   (7/4) »