« アニマル・キングダム    (9/7) | トップページ | キャッスル シーズン2(DVD1~12巻)  (9/19) »

2012年9月18日 (火)

ドライヴ    (9/19)

「ドライヴ」という映画を見ました。ライアン・ゴズリング、キャリー・マリガンが出ています。

昼は車の修理工場で働き、要請があれば映画のスタントで生計を立てる男。彼は、裏稼業として、その卓越した運転能力を駆使し、強盗の逃亡運転手をしていました。・・・そんな男のバイオレンスなラブ・ストーリー。

評判の高い映画ですよね。

確かにすごく特徴の突出した映画だったと思えます。

大感心なのは、ものすごく穏やかな雰囲気から、一気に緊迫感溢れるものに変化させる感覚。(これは、ほとんど爆発的です。)

激しいバイオレンスシーンの撮り方も特徴ですけど、それを活かす為に、穏やかで素朴な表情、静観で流れる映像風景、浮遊感ある音楽・・・等々で、バイオレンスがやってくる!なんて微塵も感じさせないんですね。それで、いきなりボン!でしょう、これは衝撃が大きいです。
逆を言えば、そのバイオレンスシーンが登場人物の表情や感情を鮮明にしてる!とも言えそうなのですが。

個人的は、どうもライアン・ゴズリングって苦手なのですけど、この映画の寡黙さは(なかなか)ハマってましたね。

キャリー・マリガンは(当然ながら)さすが!です。穏やかに張り詰める・・・そんな感じが独特な世界観を見せてくれます。

そんな異質な二人なのに、このバイオレンスムービーに組み込まれると(見事に)マッチしている気にさせるから不思議です。

思うのですが、この映画って、どこか日本映画のソレらと感覚が似ているような・・・なんだろう?美意識的なものかな??

正直言って、バイオレンス部分には目を覆いましたが、ハッとするようなシーン(時々、とっても穏やかで華やかになるんです!)が多くて、ビックリとドッキリの多い映画でしたね。けっして好みではありませんけど・・・。

|

« アニマル・キングダム    (9/7) | トップページ | キャッスル シーズン2(DVD1~12巻)  (9/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/55689114

この記事へのトラックバック一覧です: ドライヴ    (9/19):

« アニマル・キングダム    (9/7) | トップページ | キャッスル シーズン2(DVD1~12巻)  (9/19) »