« ロボット(10/3) 魔法の恋におちたら(10/26) | トップページ | パンナム DVD1~7巻   (9/19) »

2012年10月28日 (日)

星の旅人たち   (10/12)

「星の旅人たち」という映画を見ました。御大マーティン・シーンを主演にし、スペインを舞台としたロードムービーですね。

眼科医トムのもとに、一人息子ダニエルの訃報が届きます。ダニエルは、サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼の途中で事故にあい、一命を落としてしまったのでした。・・・そこから始まるトムの巡礼の旅模様。

巡礼の旅と言えば「サン・ジャックへの旅」を思い出すけど、この「星の旅人たち」も(なかなか)好感度大な映画ですね。見知らぬ4人がメインとなって繰り広げるロードムービーなのですが、各々に巡礼へ求めるものが何であるか・・・この辺りが味わいです。国籍も性別も年齢も違う4人が(段々と)理解を深めていく過程が心地イイんですよね。最後は、親しい友というか、家族といってもいい感じになっていきます。心を癒すというか再生させるというか、気持ちが変化していく様子がイイ感じです。

巡礼が舞台ですから、当然ながら宗教的な支えも背景には感じますけど、その辺りを良い方向として取れば、素敵なロードムービーだと思います。

主演のマーティン・シーンは、これはもうハマリ役。骨太な父親像は、さすが!です。息子を理解するべく旅を続ける姿には、悲しいシーンじゃなくても泣けてきますもの。これは、実子エミリオ・エステベスが監督している(作り上げた)ことが大きいですよね、きっと。

個人的は、デボラ・カーラ・アンガーの出演も嬉しいところ。彼女の独特さは健在でした!

巡礼地への愛情、父子関係の愛情、家族の愛情、仲間への愛情・・・素直に心地イイ映画でした。

|

« ロボット(10/3) 魔法の恋におちたら(10/26) | トップページ | パンナム DVD1~7巻   (9/19) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/55992242

この記事へのトラックバック一覧です: 星の旅人たち   (10/12):

« ロボット(10/3) 魔法の恋におちたら(10/26) | トップページ | パンナム DVD1~7巻   (9/19) »