« 君への誓い   (9/26) | トップページ | ダーク・シャドウ   (10/3) »

2012年10月 1日 (月)

フェイシズ     (10/2)

「フェイシズ」という映画を見ました。ミラ・ジョヴォヴィッチが主演のサスペンスですね!

連続殺人鬼の犯行に出会したアンナは、その場で襲われ、命は助かったものの脳のダメージから人の顔を判別できないという後遺症を発症します。・・・そこから始まるサスペンス。

このミラ・ジョヴォヴィッチはイイですね。アクションもコメディも悪女もイイ女っぷりも・・・今までのイメージは(わりと)潜めるけど、ストーリーに溶け込んでる感じがして、それもまた好感大。

というのも、人の顔を判別できないという設定が(とっても)異質で難しそうなのに、戸惑いや恐怖みたいものが(なかなか)上手く(ジワーっと)伝わってくるんですね。顔が判別できないという不気味さを、見てる側にも(しっかりと)感じさせる演出・・・見ているうちに、ミラ・ジョヴォヴィッチ意外の顔が「不確か」に感じてくるんです。これって、ちょっと怖いですよ。
サスペンス・スタイルは、わりとクラシカルな雰囲気で、そこにラブストーリーが絡んでくるんですが、ここがミソ。顔が判別できないことで、恋愛の意味が問われるんですよね・・・なかなか考えさせられます。五感の活動(脳の活動)による対人関係のあり方、深いです。

そんな主人公をミラ・ジョヴォヴィッチが演じているわけですが、彼女の効果か、ストーリーの深さか、演出の巧みさか・・・なかなか惹かれるものが多かった映画です。まあ、サスペンス・ストーリーやクライム・アクションそのものはシンプルなのですけど、微妙さがウマイ!映画でした。

|

« 君への誓い   (9/26) | トップページ | ダーク・シャドウ   (10/3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/55791853

この記事へのトラックバック一覧です: フェイシズ     (10/2):

« 君への誓い   (9/26) | トップページ | ダーク・シャドウ   (10/3) »