« ディヴァイド    (11/7) | トップページ

2012年11月10日 (土)

ラム・ダイアリー   (11/7)

「ラム・ダイアリー」という映画を見ました。ジョニー・デップが主演の話題作ですね。

1960年頃、ポール・ケンプは新聞記者の仕事を得る為にプエルトリコにやってきます。仕事を得たケンプは、そこでシュノーという女性と出会います。・・・そこから始まる恋と野望の物語。

見終わって、悪い意味で呆然としました。よく分からないんです。

2005年に亡くなったアメリカのジャーナリストの自伝をもとに作られた映画だそうですけど、ストーリー展開が(すごく)場当たり的な感じがします。私の拙遅な捉え方なのですけど、原作の面白そうなシーンを撮って継ぎ足した・・・みたいな印象。まあ、原作を知らないし、作者自身すら知らないのですから、余計な感想ではありますが・・・ケンプに何をさせたかったのだろうって思うんです。

面白くなかったわけではないんですよ。楽しそうなジョニー・デップには好感持てるし、笑えたりもします。ジョバンニ・リビシが同僚役で出てるのですけど、こちらも怪演というかノリノリです。加えて、アンバー・ハードは美しい!
そんな役者達が、南国の地で迷走する様子は異様な雰囲気があって楽しいです。ラテン・ジャズの盛り上げも怪しい雰囲気にぴったりだし。

ただ、横恋慕に盛り上がってきたと思ったら、警察沙汰を起こしたり。仕事(使命)に燃え始めたと思ったら、途中でクスリにはまったり、闘鶏に手を出したり、果てはブードゥーに頼る始末。そして、最後はするりと想像をかわした行動で終わります。確かに波瀾万丈な経験を見ることはできるけど、物語は見えてきません。

ジョニー・デップは、原作者のハンター・S・トンプソンという方のファンと聞きます。なので、そのキャラクターを描きたかったのかも?? そうであれば、それとして納得できる映画かもしれません。
面白可笑しく見れる反面、期待通りに進まないドラマに疑問を感じる映画でもありました。

|

« ディヴァイド    (11/7) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533133/56084640

この記事へのトラックバック一覧です: ラム・ダイアリー   (11/7):

« ディヴァイド    (11/7) | トップページ